後遺障害とタイミング

後遺障害に認定されるための手続きは、非常に重要な意味を持ちます。そのために必要な書類がいくつもありますが、後遺障害診断書がなければ等級取得にはつながりません。この後遺障害診断書は、正式に自動車損害賠償責任保険後遺障害診断書といいます。非常に長い名前がついていますが、自賠責保険の管轄下にあることがわかるでしょう。

困り顔

後遺障害診断書は、主治医が作成することになります。ここで重要なことは、医師であって交通事故の専門家ではありません。実際に作成された書類が認定に即しているとは限りませ。不備が出てしまうことも出てくるのは、診断書と認定のための書類は別物だからです。弁護士などの専門家を入れて、不備が出ないようにしていくことも必要になるでしょう。アドバイスを受けながら、不備がないようにしていかなければいけませんし、何度も手間を掛ける必要もなくなります。

認定を受け等級取得を考えるタイミングの問題も考えるべきです。原則として挙げられるタイミングは症状固定ですが、これ以降は加害者に治療費などを請求することができなくなることが要因となります。保険会社から症状固定であるといわれるものではなく、医師の診断によって判断されるものであることも理解しなければいけません。あくまでも、被害者手動で決めていかなければ、思っている以上に低い投球になってしまうことも出てくるからです。さまざまな知識が必要になってくる部分ですが、参考にしていただければ、大きな違いが出てきます。弁護士とともに進めるとしても、知識を持って臨むことが必要です。