症状との因果関係

診断認定取得をすることは、簡単なことではありません。さまざまな書類を整備していかなければいけないからです。その点で、あまりに経験のない医師が作成していても、うまくいくことはありません。過去に後遺障害診断書を作成したことがあるかどうかは、重要なポイントになってくるでしょう。作成経験がある医師であれば、時間も掛けずにスムーズに進めることができるようになります。

基本的には、どこの医師であっても後遺障害診断書を作成することができます。ですが、中には断ることもあることを理解しておかなければいけません。適切な病院選びをすることから考えていかなければ、認定取得にはつながらないことを理解しておくことが必要です。

後遺障害は、非常にわかりにくいものも出てきます。むち打ち症などがその典型例ですが、神経症状はレントゲンでは判断できません。MRIであってもはっきりとわからないことも出てきますが、医学的に証明できるかどうかが大きな分かれ目です。認定基準を満たすことができない可能性も考えておく必要があります。後遺症も認められずに認定もされなくなることから、自覚症状ははっきりと伝える必要があるでしょう。こうした費用は、認定されれば、加害者に請求することが可能です。認められなければ自己負担になる可能性も出てくるため、弁護士に相談しながら進めるといいでしょう。